やまがたNPOウィーク2021が12月5日で終了いたしました

期間中はたくさんのご来場ありがとうございました

これからの市民活動やボランティア参加への何らかの足がかりを見つけて頂いていたら幸いです

山形市市民活動支援センターはそんな方たちのサポートもしておりますので、お気軽にいつでもお越し下さい

今回は山形市市民活動支援センターを知っていただこうとぬり絵コーナーやクイズラリーを企画いたしました

今月いっぱいはぬり絵の一部を市民活動情報コーナー「ふらっと」で展示していますので、皆さん見に来てください

参加してくださった皆様には感謝申し上げます

11月のとある日の午後5時過ぎの支援センターからの眺望。
ひと月前であればきれいな夕暮れの風景だったのが、夜景に変わっちゃいました。毎年感じることですが、陽が短くなるとなんだか心細いような気持になりますね。
雪の季節もまもなくです。

「やまがたNPOウィーク2021」が

霞城セントラル1階アトリウムで始まりました

期間は12月1日~5日まで

山形市市民活動支援センター内を巡るクイズラリーや

ぬり絵コーナーもあります

クイズ全問正解者やぬり絵をしてくれた方には

オリジナル卓上カレンダーを差し上げます

(数に限りがありますのでお早めにお越しください)

みなさんのお越しをお待ちしています

ご縁のある方々から頂戴していたSDGsバッジを、今回この様にして窓口に展示させていただきました。

とあるSDGsの権威によると(様々な利権が関係することだろうと思うのでお名前は伏せますが)、「SDGsバッジはネットショップなどで安易に購入しないでほしい」のだそうです。「単なる販売目的のためだけのバッジは、SDGsに何も還元されない。生産工程においてSDGsの目標達成にどの様に寄与されているのか。または、販売によって得られた利益がSDGsの指し示す課題の解決に還元されているのか。或いはその両方なのかを見極めた上で、購入するバッジを選択してほしい」とのことなのでした。

このSDGsバッジ、今では色々なところで見かける様になりましたが、若い世代の「SDGsバッジを身につけている背広の人は嫌い」「SDGsバッジを身につけているのにSDGsのことを話すと何も話せない人でガッカリした」といった反応からも伺える様に、諸手を挙げて良しとすることができない側面も有しています。

この様なことからこの「SDGsバッジ」を身につけることを避ける方もおられる様ですが、バッジ一つでこの様に議論が深まる点もまた、SDGsが投げかけている課題の一つ(或いは複数)と言っても良いのかもしれません。

ちなみにですが、展示させていただいたバッジは全て、SDGsの目標達成に何らかの形で還元されているものばかりです。
簡単にご紹介すると、一つ目は、山形県産サクラ材が使用されている、富士フィルムBI山形株式会社(旧:山形ゼロックス株式会社)製のバッジです。実はこのバッジ、株式会社CSRインテグレーションの今田裕美さんから頂戴したものなのでした(その後、富士フィルムBI山形の方が来館された折にはしっかりとお礼申し上げました)。説明書きにはやまがた絆の森ミーティングについても紹介されています。県産材だと自然と愛着が湧くものですね。
二つ目は、一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク(SDGsジャパン)が、ブラザー工業株式会社とNPO法人しんせいの協力のもとに製作したオリジナルのものです。SDGsジャパンの新田英理子さんから頂戴しました。この説明書きには「人と自然と動物に配慮したやさしい皮を使い、障がい者×NPO×企業が一緒につくりました」とあります。詳しくはこちらからご覧ください。凹凸のあるデザインに加え、「SDGs」ではなくて「LNOB」としているのもポイントです。
最後の三つ目は、国連の正規品です。これは国内での販売はしていないため、国連本部のオンラインショップで購入しなければならないのだそうです。こちらもSDGsジャパンの新田英理子さんから頂戴しました。

当センターでは条例の関係上、これらバッジの代理販売等はできないのですが、お見せすることはいくらでもできますので、来館の折にはぜひご覧ください。

さて、あなたの身につけているSDGsバッジは、果たしてどんなバッジですか?

とある日のセンターにて…

何かが大判印刷機で印刷されています

この日に印刷されたものは、当センター内にある、市民活動情報コーナー「ふらっと」や、霞城セントラルの24階のどこかに掲示されています。

全貌は、「ん―ぽちゃんがセンターへご案内!」の動画内や、当センター「ふらっと」に実際に探してご確認ください。

Web動画:市民活動支援センターへ、んーぽちゃんがご案内!
https://www.yamagata-npo.jp/archives/26548

11月4日出勤してまもなく「なにか生まれている」との声に見に行くと

「ホンコンカポック」の枝に何やら小さな粒々がたくさん。

よく見ると、小さな粒の一つ一つの中からも5,6個の白い小さな花と思われるものが咲いていました。

カポックの丸い葉には心を落ちつかせ、リラックスさせてくれる効果があると言われています。

また、上を向いたカポックの葉には気持ちを前向きにし、良い気を引き寄せる効果も期待できます。

何か良いことがありそうな?あると信じて進むのみです。

DSC_0048

霞城セントラル22階の市民活動支援センターからはこんな素敵な夜景を眺める事ができます。 気軽にふらっと景色を眺めに立ち寄ってみてください。

たまにはゲームで息抜きを

| 日々の活動 | | コメントはまだありません

霞城セントラル22Fにある山形市市民活動支援センターでは、10月24日(日)からボードゲームやカードゲームを体験するふらっと交流企画が始まります。

「はぁって言うゲーム」を今回ご用意しました!!皆さんは知っていますか?

お友達や家族などと一緒にやるととても盛り上がるゲームです。皆さんと交流しながらこのゲームを是非一緒にプレイしましょう!!

ご気軽にご参加ください!

詳細はこちらから

自宅から歩いて霞城セントラルに通勤しています。

朝から勤務の時は、ほぼ同じ時間・同じルートを通っています。

今までは特に気にせずに過ごしていた「やまぎん県民ホール」から「山形駅西口」までのアーケードの影が、なんか長くなっていっているなと感じる毎日。

夏はすでに太陽が高くまで昇っていて日陰を歩いていたのに、もう端っこまで伸びていて陽が当たっている。

気になり始めると毎日どこまで伸びているか見るのが楽しみになっています。

冬至にはどこまで伸びていってしまうんだろう。

霞城セントラル22階にある山形市市民活動支援センター内の市民活動情報コーナー「ふらっと」に置かれているハイビスカスの黄色い花が咲きました。

7月下旬頃から蕾が大きくなり始め、一輪咲いてはまた一輪と咲き続けています。

花の寿命はほとんど1日と短く、それに私たちではなく窓の方に向いて咲いているので、見過ごすことも。

まだたくさんの蕾が付いているので、ぜひ見に来てください。

コロナ禍でどこにも行けないけど、「ふらっと」に来て少しでも南国気分を楽しんでください。

今月からセンターの入り口に、学生アルバイトで現役芸工大生の梶原さんの作品が飾られています。タイトルは「抵抗」。
何が描かれているか、わかりますか?

センターでは市民活動情報コーナーのリニューアルに伴い、ホワイトボードをウェルカムボード代わりにして、さまざまなキャラクターが利用者の方をお迎えしています。中には今流行のあのキャラクターの姿も!先日はファンの方がわざわざ見に来ていただき、その出来に絶賛していただきました。機会があればぜひ一度ご覧ください♪

3月に入り春めいてきましたね。霞城セントラル22階にある山形市市民活動支援センター内の市民活動情報コーナー「ふらっと」に置かれているブーゲンビリアの花が咲きました。

ブーゲンビリアの「花びら」として鑑賞している部分は、実は花を包む葉の一部、苞(ほう)と呼ばれるものが大きく変化したものだそうです。

ピンク色の可憐な花を見に、22階までお花見にいらっしゃいませんか?

令和2年12月2日に「特定非営利活動促進法の一部を改正する法律」が成立しました。
これから内閣府で、施行に向けて具体的な準備に入って行く様です。

詳しくは内閣府NPOホームページの下記URLからご覧ください。
https://www.npo-homepage.go.jp/kaisei

去る7月27日からの大雨により、山形県内において被災された皆様に心よりお悔やみ申し上げます。
現在、被災地域では依然として生活再建の目処が立たない状況にあることから、山形県内における被害状況と、被災者への支援活動に関する情報が掲載されているウェブサイトを、下記の通りご紹介します。
各項目にリンクを張っていますので、それぞれの詳しい情報はリンク先のウェブサイトからご覧ください。
(このページは、新しい情報が入り次第、随時更新していきます)

<山形県内の被害状況等について>

こちら防災やまがた!災害情報(山形県)

<災害ボランティアに関する情報について>

7月27日からの大雨に関する災害ボランティアセンターの状況について(山形県社会福祉協議会)

全社協 被災地支援・災害ボランティア情報(全国社会福祉協議会)

<災害ボランティアグループ等への支援金>

「災害ボラサポ・令和2年7月豪雨災害」助成 短期活動助成(赤い羽根共同募金)

<寄付・募金>

【義援金】令和2年7月豪雨に伴う義援金の受付について(山形県)

【義援金】令和2年7月最上川水害義援金(山新放送愛の事業団)

【義援金】令和2年7月豪雨災害義援金(日本赤十字社)

【義援金】令和2年7月山形県豪雨災害義援金(山形県共同募金会)

【支援金】災害ボラサポ・令和2年7月豪雨災害支援金(赤い羽根共同募金)

【支援金】令和2年7月豪雨 災害緊急支援寄付(さとふる)

【支援金】令和2年7月豪雨 災害支援・寄付(ふるさとチョイス)

【支援金】令和2年7月 豪雨災害支援(ふるなび)

Point:「義援金」と「支援金」の違いとは?
「義援金」は、災害で大きな被害を受けた方々に対する見舞金で、被災者へ全額給付されるものです。
「支援金」は、被災地で様々な支援活動を行っているNPOや自治体などの活動を支援するものです。
(とぴあすvol.27「NPO道具箱」より)

被災された皆様の一日も早い生活の復旧を、心よりお祈りしております。

山形てのひら支援ネット様より窓口カウンターに設置する遮へい板をご寄贈いただきました。

この遮へい板は「HUG shield」という愛称が付けられており、 全てボランティアによる手作り、ハンドメイドで作られているそうです。

「HUG shield」制作にあたっての想いや様子などは、HUG shieldホームページ「HUG shield つながるための盾を贈ろう。」よりご覧ください。

当センターでの窓口対応における感染拡大防止のため、有効に活用させていただきます。

ご寄贈いただいた 山形てのひら支援ネット様 、ありがとうございました!

 

◆◆5月15日(金)より 施設提供を再開いたしました ◆◆

山形市市民活動支援センターでは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、 休館としておりましたが、5月15日(金)より開館し、施設提供を再開しております。

施設提供の再開にあたり、手の触れる箇所の消毒や、22階の換気口の開口などの対策を随時行っております。

また、会議室やミーティングコーナーなど、一部施設のご利用に制限を設けております。詳細は当センターウェブサイト「山形市市民活動支援センターの施設提供再開のお知らせ」をご確認ください。

当センターをご利用の皆さまにはご不便をおかけしますが、何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

新型コロナウイルスの影響で行政による様々な施策や、民間による様々な支援が続々と発表されてきていますが、これに伴い、それらの情報がリスト化されたものが公表されてきています。

ここではそれらのものから抜粋して、山形市で公開しているリストを中心にご紹介します。
よろしければご覧ください。

 

[山形市より]
山形市で公開している各種支援のリストです。
※情報は「市民・事業者の皆様へのご支援について【山形市生活基盤支援・企業支援緊急対策】」より抜粋しました。

山形市生活基盤支援・企業支援緊急対策<既に実施済みのもの>(PDF)

山形市生活基盤支援・企業支援緊急対策(第三弾)<5月8日以降に速やかに行うもの>(PDF)

他支援機関による新型コロナウィルス感染症に伴う助成金・給付金等一覧(PDF)

 

[山形県より]
山形県で公開している事業者向けの各種支援策のリストです。
※情報は「新型コロナウイルス感染症に関連するポータルサイト・企業関係について」より抜粋しました。

新型コロナウイルス感染症の影響に対する事業者向け支援策の一覧(PDF)

 

[認定NPO法人NPO会計税務専門家ネットワーク(NPO@PRO)より]
NPO法人の会計税務に特化したサポートを行っている全国組織からの情報です。
その名の通り、会計税務の専門家によって構成されています。
公式ウェブサイトはhttps://npoatpro.org/index.htmlです。

NPO法人、一般社団法人、一般財団法人が受けられる新型コロナウイルス対策のための資金調達について(PDF)

 

下記2件は、民間助成金などの情報ポータルです。
法人格を持たないNPOも対象の情報を含みます。

[内閣府NPOホームページより]
新型コロナウイルス感染拡大への対応を支える各種団体の寄附・基金情報

[山形市市民活動支援センターより]
新型コロナウイルスに関する情報一覧
※ページの下部に「民間助成金情報(寄付の情報含む)」として紹介しています。

 

その他、リストではないですが、関連情報より何点かを抜粋してご紹介します。

[内閣府NPOホームページより]
新型コロナウイルス感染拡大に係るNPO法Q&A(社員総会の開催省略、WEB等による総会開催、事業報告書提出時期、持続化給付金の該当など)

[山形市より]
新型コロナウイルス感染拡大に伴うNPO法人の社員総会の開催方法について(お知らせ)

[認定NPO法人NPO会計税務専門家ネットワーク(NPO@PRO)より]
非営利法人が持続化給付金を申請する場合(PDF)

 

なお、上記以外の関連情報は、当センターのウェブサイト「新型コロナウイルスに関する情報一覧」に、情報を抜粋しつつ随時更新しています。

大変な状況が続いていますが、この難局をみんなで乗り切りましょう。

 

※当センターウェブサイトに 「新型コロナウイルスに関する情報一覧」 として新たにページを作成し、下記の情報を移行しました。4月21日(火)より随時情報を更新しておりますので、今後はそちらからご覧ください。(←こちらのリンクをクリックすると該当のページにジャンプします)

 

この記事を作成してからの一週間で17の「いいね!」を頂戴し、こういった情報はやはり必要なのだと感じました。
引き続き、スタッフ一丸となり情報発信に努めて参りますので、今後ともどうぞよろしくお願いします!

   

—————————————————————–

各地で感染の広がりが見られている新型コロナウィルスですが、NPO法人の運営そのものにも様々な影響が出てくることが予想されます。
そこで、関係すると思われるリンクをまとめてみましたので、よろしければ下記をご覧ください。

 

内閣府NPOホームページ
新型コロナウイルス感染症に関連した情報(新型コロナウイルス感染拡大に係るNPO法Q&A、など)

 

認定NPO法人NPO会計税務専門家ネットワーク
新型コロナウイルス対策のための資金調達について(PDF)
国税庁より新型コロナウイルスに関するFAQが出されました  

 

認定NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会(NPOWEB)
【新型コロナ対応】NPO法人向け支援情報等まとめ

 

日本年金機構
新型コロナウイルス感染症関連情報

 

厚生労働省・新型コロナウイルス感染症について
働く方と経営者の皆さまへ
自治体・医療機関・福祉施設等の情報

 

山形労働局
新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ(特別労働相談窓口及び各種助成金等関係)

 

日本政策金融公庫
新型コロナウイルスに関する相談窓口(国民生活事業)

 

山形県・新型コロナウイルス感染症に関連するポータルサイト
企業関係について(情報の一部にNPO法人も対象になるものがあります)
老人福祉施設・介護保険施設・介護サービス事業者のみなさまへ
新型コロナウイル感染症対策のための学校の臨時休業に伴う児童生徒の居場所の確保について

 

山形市・新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ(トップページに掲出されています)
新型コロナウイルス感染症に関する通知(市民向け・事業者向け通知含む)
企業への支援策・就職支援について
市有施設及び市有施設の設備の利用について

 

当センターウェブサイトの「NPO・市民活動Q&A」
この数日の間に、当センターに総会の持ち方についての問い合わせを数件受けましたので、この領域にある「総会に出席できない場合の対応」を下記に抜粋して掲載します。
※掲載していた内容を修正して更新しました。

———-(抜粋ここから)———-

通常、社員総会といえば会議室などに集まって行うのが一般的ですが、やむを得ない理由のために社員が総会に出席できないという場合の対応には、次のような方法があります。

1.書面での表決、または、表決権を委任する場合
社員総会に出席しない社員は、書面で、又は代理人によって表決をすることができます(法第14条の7第2項)。また、定款で定めるところにより、書面による表決に代えて、電磁的方法(電子メール等)により表決をすることができます(同条第3項)。
詳しくは下記の定款例をご覧ください。

【書面での表決のみを定めた場合】
(表決権等)
第○条 略
2 やむを得ない理由のため総会に出席できない社員は、あらかじめ通知された事項について書面をもって表決し、または他の社員を代理人として表決を委任することができる。

【書面・電子メール・FAXでの表決を定めた場合】
(表決権等)
第○条 略
2 やむを得ない理由のため総会に出席できない社員は、あらかじめ通知された事項について書面もしくは電磁的方法をもって表決し、または他の社員を代理人として表決を委任することができる。
※電磁的方法とは、電子メールの送信、Webサイトへの書き込み、フロッピー・CD-R等の磁気ディスク等の交付、いずれかの方法で表決内容を記録することを指します。

2.みなし総会決議(社員総会の決議の省略)の場合
総会の開催にあたり、議決権を有する社員に対して郵送やメールなどで議案事項を連絡し、社員全員から書面または電磁的記録で同意(議案に対して反対または保留者がいない)の意思決定があった場合は、総会の決議があったものとみなすことができます。
※平成23年にNPO法が改正され、「みなし総会(決議)」による表決が可能となりました。(法第14の9)
※「みなし総会(決議)」の開催自体は、定款に記載がない場合でも法の規定があるため実施することは可能ですが、会員への説明責任などの観点から、以下のような文言の追記が推奨されています。
詳しくは下記の定款例をご覧ください。

(議決)
第〇条(略)
3 理事または社員が総会の目的である事項について提案した場合において、社員全員が書面(または電磁的記録)により同意の意思表示をしたときは、当該提案を可決する旨の社員総会の決議があったものとみなす。

ただし、「みなし総会(決議)」には以下の注意点があります。
1.「社員全員が同意の意思表示をすること」が条件となるので、1人でも反対意見があった、または連絡が取れない場合は、みなし総会(決議)を行うことはできません。
2.直接集まらずに、書面またはメールにて決議を行うため、提案される議題については丁寧な説明が必要となります。
3.社員全員からの同意があったことを明確にするため、返信された書面、メールについては保存が求められます。

———-(抜粋ここまで)———-

 

以上、ご参考まで。

去る2月16日に、霞城セントラル1Fアトリウムにて「第12回やまがた市民活動まつり(主催:山形市市民活動支援センター連絡協議会)」が開催されました。
当センターもブースを設け、今回はその中で、SDGsの簡単なパズルを展示をしました。
市民のみなさんに「SDGsを少しでも身近なものに感じてもらいたい」とのコンセプトで、スタッフが考えながら手作りしたもので、まつりの当日はおかげさまで好評でした。
同じものは霞城セントラル22Fの当センター内にも展示してますので、ご来館の折にはぜひ実物に触れてみてください。

また、33団体の参加があったイベントの様子は、主催団体の方がレポート作成中で、後日、ウェブ上に公開するとのこと。
楽しみに待ちましょう!

当センターの情報紙でも何度か紹介している「休眠預金」ですが、この財源を用いて活動する、実行団体の公募が12月から部分的に始まりました。
詳しい情報をご覧になりたい方は、指定活用団体である「一般社団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA)」ウェブサイトからご覧になってください。

山形市市民活動支援センターFacebookページ
2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

カテゴリー

固定ページ