当センターは毎朝コーヒーの香りで業務が始まります。事務所は22階という山形では珍しい高層階にありますが、エレベーターを降りた時に漂ってくる珈琲の香りが何とも心地良いだろうと、至って単純かつ情緒的なイメージから小生がコーヒーメーカー導入を強く主張し、安い豆を通販で購入して毎朝ミルで挽いて煎れている。コーヒーメーカーと粉をセットにした〇〇アンバサダ~の様なシステム営業はたまに訪れることもあるが、ここは私の専権事項。丁重にお断りしてワガママを通させていただいています。

 さて、最近あのSBコーヒーから〝KATI KATI“なる種類のブレンド豆が発売されている事を知りました。キャッチフレーズは「シトラスやほのかなスパイスの風味、フローラルの香りと鮮やかな酸味のバランスが印象的な、東アフリカ産のブレンドコーヒー。ホットでもアイスでもお楽しみいただけます!」ふむふむ、ここは試してみなくては・・と早速購入。

バリスタさまからの受け売りでは「KATI KATI」とはスワヒリ語で~の間という意味とか。
このブレンドで言えばエチオピアとケニアの両国で生産されているのでこのネーミングとのことです。「~の間」をNPO界で言えば、そう!「Intermediate」なんと私たちと同じ領域!?(因みに中間支援のことをこんな風に言います) まあ、Between や among とはちょっとニュアンスが異なりますが、行政とNPOの間、企業とNPOの間、地域とNPOの間・・・間を取り持つのが我々中間支援NPO!と、いう訳で、妙な親近感を覚えて淹れたてを一口。SBのやや深煎りのしっかりとしたTASTEを堪能。小生は心持ちうすめに煎れるのが好みですが、紹介文の様な複雑な味わいは残念ながら粗雑な私が感じとるのは難しいようで・・・とりあえず「おいし~い!」のだけは間違いない!桜前線がやってきたこの季節に爽やかなひととき。たまにはゆっくりと珈琲も味わいたいものです。 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

山形市市民活動支援センターFacebookページ
2017年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

カテゴリー

固定ページ