以前このブログで紹介しました、山形大学人文学部地域連携室主催10回連続講座「NPO実践力養成講座・市民活動のはじめかた」。11月10日で最終回を迎えました。

この講座は、「NPOや市民活動、ソーシャル・ビジネスの現場で必要になる実践的な知識や認識、多様な意見の引き出しかたなど“ファシリテーションスキル”を学んでいく講座」。山形大学の学生の皆さん対象に開催されましたが、山形大学市民交流室“Agora”にて開催され、NPO・市民活動に興味のある一般市民の皆さんも一緒に参加していました。その講座の講師を務めているのは、山形市江南で若者の学びの場、居場所作りをしているNPO『ぷらっとほーむ』共同代表の滝口克典さん。
☆ぷらっとほーむブログhttp://d.hatena.ne.jp/taki-plathome/

全10回講座の中で、エゴマップ、相互インタビュー、模擬会議や企画・広告づくり、企画書づくり、プレゼンテーションなどのワーク体験が行われました。模擬会議の回については、以前このブログで紹介しました。
前回紹介したブログ

そして、最終回の11月10日の回では、これまで講座で学んだことを活かして、事前に参加者一人一人が一つの事業企画を作り助成申請書まで作成し、その企画のプレゼンテーションを行いました。事業目的、事業計画、その事業を行うことによる効果、収支予算などを発表し合いました。

千歳山に登って、改めて地域の魅力を知る企画や、七日町で音楽フェスティバルを行って市街を活性化する企画など、それぞれの興味やスキルを活かした企画が出されました。発表後は、参加者同士お互いに、「○○も加えたらもっとよくなるんじゃない?」「加えて、○○という見方もできる」「○○の準備はどうするの?」など、企画に対して様々な意見や質問が出されていました。
ここに出された企画により磨きをかけて、実際に実施されるかもしれないそうです。楽しみです^^

私も企画を考えて発表されてもらったんですが、皆さんにたくさん意見をいただきました。皆で共有して意見をもらい、自分一人で考えた企画とは違う視点に気づくことができました。私も、企画実施できるよういただいた意見を参考に、より深く考えてみようと思います。

参加者の皆さんは一つの企画を作り上げる一連の流れ・手法を自身で体験し考え、活動の現場で活かすことができるスキルが身についた講座だったと思います。

山形大学山崎先生、ぷらっとほーむの滝口さん、参加者の皆さんご協力ありがとうございました。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

山形市市民活動支援センターFacebookページ
2017年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

カテゴリー

固定ページ